HOYOSHI Noa

スピード武器に飛躍を誓う

ラスト1周半の悔しさ

 いまも記憶に残る大会がある。高校2年の2021年6月、インターハイ出場をかけた北九州地区予選大会の3000メートル。決勝で6位までに入れば全国への切符が手に入る。序盤からいい位置に付け、上位入賞も期待された。だが最後の1周半、ペースを上げた集団について行くことができなかった。「おいていかれる」と思ったが、これ以上足が前に進まなかった。結果は7位。ゴール後、泣き崩れて立つことができなかった。
 陸上を始めた小学校の時から、走ることが大好きでスピードには自身があった。だが1500メートルや3000メートルなどの中距離と言われる種目には、スピードとスタミナの両方が求められる。前に出るのか、トップ下で控えるのかなどレース展開が勝敗を大きく左右する駆け引きの面白さなどから、欧州では最も人気の高い種目のひとつといわれている。様々なレース展開を考えることが大好きで、早くから中距離に的を絞ってきた。北九州地区予選大会では、最後のスピード勝負に持ち込むことができなかった悔しさが、スタミナ不足という課題を明確にしてくれた機会となった。

笑顔で走れるように

 おっとりとした話しぶりからは想像がつかないほど、自分には厳しい。練習では徹底して自分の弱点と向き合い、自分を追い込んできた。涙から4カ月後の九州高校新人陸上競技大会では、1500メートル、3000メートルでともにベストタイムをたたき出した。その勢いで出場したU18陸上競技大会女子1500メートルで2位に入る活躍を見せた。
 陸上部の主将として、チームを率いる。後輩の相談にも積極的に乗るなど責任感の強さがある一方で、まじめさ故に部員の失敗を自分の責任と感じる一面がある。それは自身の競技結果にも影響するほどで、最後の県総体では次につながったものの力を出し切れなかった。樋渡朋子監督は主将としての働きを十分に評価しながら「あとは笑顔で走ることだけを考えて」と優しく語りかける。高校卒業後も走り続けるつもりで、駅伝にも興味がある。もっとわがままになって走っていい。そんな言葉をかけたくなる、心優しいランナーだ。

保楊枝 乃綾 選手

競技:陸上(中距離)

ほよし のあ

2004年、福岡県生まれ。小学4年から陸上を始め、高学年時には中距離を専門にする。中学2年、福岡県中学校新人陸上競技大会の女子1500メートルで2位に入る。佐賀清和高入学後も順調に成績を伸ばし、2021年の佐賀県高校新人陸上大会で1500メートルと3000メートルで優勝。同年10月のU18陸上競技大会女子1500メートルで2位。ベストタイムは1500メートルで4分26秒56、3000メートルで9分39秒19。