新着情報

SAGAスポニュース

ボルダリング・通谷律選手(多久高校2年)が連覇 世界ユース選手権

スポーツクライミングの世界ユース選手権のボルダリング決勝が23日、韓国・ソウルであり、多久高校2年の通谷(かよたに)律選手(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)が2年連続で頂点に立った。「昨年王者としてのプレッシャーは1ミリもなかった」と、持ち前の堂々とした登りで優勝を飾った。

通谷選手は予選で六つ全ての課題をクリアして3位につけると、準決勝は1人だけ四つの課題を完登し、トップに躍り出た。決勝では四つのうち二つの成功にとどまり、同じ完登数の2位加藤頼斗選手(栃木県山岳・スポーツクライミング連盟)に迫られたが、挑戦回数の少なさで逃げ切った。

通谷選手は「最低限優勝の中で、結果は出せた。今の目標はワールドカップ(全世代)で勝つこと」と見据えた。(鶴澤弘樹)

スポーツクライミングの世界ユース選手権のボルダリングで連覇を果たした通谷律選手


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日