新着情報

SAGAスポニュース

2021北信越総体 永石(佐賀北)最速女王 陸上女子100V インターハイ

【北信越地方で本社取材班】全国高校総合体育大会「北信越総体2021」は29日、福井市の9・98スタジアムなどで6競技が行われた。佐賀県勢は陸上女子100メートルで永石小雪(佐賀北)が11秒65で頂点に立った。

ソフトボール女子の佐賀女子は、1回戦で高知丸の内と対戦し、6-0で完封勝ちした。

バレーボール女子の佐賀清和は決勝トーナメント2回戦に進んだが、古川学園(宮城)に0-2で敗れた。ソフトテニス男子の嬉野は、1回戦で酪農学園大とわの森三愛(北海道)に1-2で競り負けた。

陸上女子100メートル決勝 11秒65で優勝した佐賀北の永石小雪=福井市の9.98スタジアム(撮影・米倉義房)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>各競技の展望、チームや有力選手を紹

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>剣道 男女とも龍谷、敬徳、三養基が中心

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>卓球 男女とも敬徳が中心か

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>レスリング 65キロ級は全国選抜決勝の再現に注目

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>ヨット 女子420級は川添夢叶・今泉心響(唐津西)コンビに力