新着情報

SAGAスポニュース

2021北信越総体 永石(佐賀北)最速女王 陸上女子100V インターハイ

【北信越地方で本社取材班】全国高校総合体育大会「北信越総体2021」は29日、福井市の9・98スタジアムなどで6競技が行われた。佐賀県勢は陸上女子100メートルで永石小雪(佐賀北)が11秒65で頂点に立った。

ソフトボール女子の佐賀女子は、1回戦で高知丸の内と対戦し、6-0で完封勝ちした。

バレーボール女子の佐賀清和は決勝トーナメント2回戦に進んだが、古川学園(宮城)に0-2で敗れた。ソフトテニス男子の嬉野は、1回戦で酪農学園大とわの森三愛(北海道)に1-2で競り負けた。

陸上女子100メートル決勝 11秒65で優勝した佐賀北の永石小雪=福井市の9.98スタジアム(撮影・米倉義房)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年10月3日<とちぎ国体>レスリング男子フリースタイル 甫木、小野、小柴が優勝

2022年10月3日【速報】<とちぎ国体>レスリング男子フリースタイル 少年92キロ級の甫木元起、成年57キロ級の小野正之助が優勝

2022年10月2日<とちぎ国体>佐賀県勢トライアスロン松本文佳3位、なぎなた少年女子演技5位

2022年10月2日<とちぎ国体>松本文佳、涙の3位 苦境乗り越え「自分へご褒美」 トライアスロン成年女子

2022年10月2日<テレビ>10月3日、「YUYAのオーレ!サガン鳥栖」