新着情報

SAGAスポニュース

男子新体操、オンライン全国大会 神埼清明高、躍動全国準優勝

男子新体操の全国オンライン選手権(日本体操協会主催)で、神埼市の神埼清明高が準優勝した。学校の練習場などで演技を行い、中継映像を東京都内で審判が採点する方式で、6人の選手たちは高さのあるタンブリング(宙返り)など持ち前のダイナミックな演技を展開。テレビでも放送され、男子新体操の魅力を全国にアピールした。

オンライン選手権は、新型コロナウイルスの感染拡大で大会が相次いで中止となり、演技を発表する場を提供しようと昨年から始まった。今回は23日に行われ、8月の全国高校総体で2位の神埼清明高をはじめ、優勝の井原高(岡山県)、3位の盛岡市立高(岩手県)など5校6チームが出場した。

神埼清明高は石橋知也選手(3年)ら全国高校総体と同じメンバーで臨んだ。総体終了後は佐賀県内に適用された「まん延防止等重点措置」に伴う部活動の停止で練習があまりできなかったが、高くてスピード感あふれるタンブリングや迫力ある組み技、手足の先まで美しく洗練された動きを披露。大きなミスもなく演じ切り、15点満点で13・2875点の高得点をマーク。13・5750点の井原高に0・2875点及ばず、選手たちは悔しそうな表情を浮かべた。

石橋選手は「画面越しに見られているという感覚はあまりなく、気持ちを一つに普段通りに通すことができた」と振り返った。その上で、大学生や社会人も出場する11月の全日本選手権を次の目標に掲げ「井原にはもう負けられない。細かい部分まで精度を高め、大学生にも食らい付きたい」と誓った。(古川公弥)

一体感のある演技を見せた神埼清明高の選手たち=神埼市の同校


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<新体操・九州体操選手権>佐賀北と佐賀女子手を取り合い 県選抜「完全優勝」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>登山・松本愛羽(唐津東) 体力と知力駆使、頂点に挑む 昨年の雪辱へ「基礎を固め臨む」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>ローイング北村真子(敬徳) 練習の虫、爆発的パワー 競技始め1年半、大舞台へ挑む

2024年7月14日【速報】<サガン鳥栖>G大阪に苦杯 試合終了 鳥栖0―2G大阪

2024年7月14日<サガン鳥栖U―18>東福岡高に敗れる