新着情報

SAGAスポニュース

<全九州高校駅伝>鳥栖工3位、都大路へ光

男子第74回・女子第33回全九州高校駅伝競走大会は20日、佐賀市のスポーツパーク川副多目的広場北道路を発着点に行われ、男子は7区間42・195キロ、女子は5区間21・0975キロで競った。佐賀県勢の男子は、鳥栖工が2時間5分59秒で3位、白石が2時間11分56秒で15位、唐津工が2時間18分9秒で22位だった。女子は白石が1時間13分20秒で10位、佐賀清和が1時間13分36秒で11位、伊万里実が1時間22分48秒で20位だった。

男子は大牟田(福岡)が2時間5分8秒で優勝し、女子は神村学園(鹿児島)が1時間7分57秒で制した。全国大会は12月26日、京都府で行われる。

鳥栖工1区の間瀬田純平(左)がトップで谷口颯太にたすきをつなぐ=佐賀市川副町


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年1月17日<新型コロナ>ソフトバンク柳田ら6選手コロナ陽性 嬉野で自主トレ中

2022年1月17日サガン鳥栖、沖縄キャンプ非公開

2022年1月16日<全国都道府県対抗女子駅伝>5区平島(白石高)意地の8人抜き

2022年1月16日選手ひとこと 全国都道府県対抗女子駅伝

2022年1月16日県勢レース経過 佐賀踏ん張り31位 全国都道府県対抗女子駅伝