新着情報

SAGAスポニュース

戸上電機製作所とひらまつ病院に新戦力 ニューイヤー駅伝見据え、戦力強化

元日に群馬県で開催される全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権獲得を目指し、佐賀県内で健脚に磨きを掛ける実業団に、新戦力が加わった。戸上電機製作所陸上競技部(佐賀市)に2選手、ひらまつ病院陸上部(小城市)には4選手が加入。新春の上州路への切符獲得と躍進を見据えて強化を図る。

3年連続出場が懸かる戸上電機製作所は、国士舘大から三代和弥(22)=大分県出身、鳥栖工高から上田大樹(19)=武雄市出身=が加わる。箱根駅伝を経験した三代は、苦しい場面でも粘ることができ「1年目からメンバー争いに絡む」と意気込む。上田は安定感があり「まずはトラック、ロードで結果を残し、少しでも先輩たちに追い付きたい」と力を込める。

2年ぶりの出場を目指すひらまつ病院。5000メートルの自己ベストが13分13秒のイェネブロ・ビヤゼン(22)=エチオピア出身=はスピードが武器。「ニューイヤー出場と自己ベスト更新」を目標に掲げる。

上武大時代に箱根路を走った太田黒卓(25)=熊本県出身=は粘り強さが持ち味。「5000メートルを13分50秒で走り、メンバー入りする」と力を込める。コニカミノルタから移籍した我那覇和真(28)=神奈川県出身=は「ロードレースが得意。ニューイヤーで区間一桁で走る」と高みを見据える。

アスリートエージェントから移った上村直也(23)=三重県出身=は「5000メートルを13分台、10000メートルを28分台に」と持ち前のスピードを強化し、メンバー入りを目指す。(小部亮介)

戸上電機製作所陸上競技部に入った上田大樹(左)と三代和弥=佐賀市


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点