新着情報

SAGAスポニュース

<陸上・木南記念陸上>女子400mで久保山晴菜(今村病院)が優勝

陸上の木南道孝記念最終日は1日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子400メートル障害は東京五輪代表の黒川和樹(法大)が大会新記録の48秒90で優勝した。7月の世界選手権(米国)の参加標準記録(48秒90)を突破。同800メートル(タイムレース)は日本記録保持者の川元奨(スズキ)が大会新の1分47秒02で制した。

女子やり投げは東京五輪代表の北口榛花(JAL)が61メートル20で優勝。同800メートル(タイムレース)は塩見綾乃岩谷産業)が2分5秒90で制し、東京五輪1500メートル8位の田中希実(豊田自動織機)は右太ももの違和感で欠場した。

佐賀県関係では、女子400メートルで佐賀北高出身の久保山晴菜(福岡大―今村病院)が53秒68で優勝。男子走り幅跳びでは山川夏輝(佐賀県スポーツ協会)が7メートル73の5位に入り、女子やり投げの武本紗栄(同)は58メートル18で6位だった。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2023年2月5日<久光スプリングス>濵松明日香、こん身の速攻 「佐賀最終戦、絶対勝つ」

2023年2月5日<九州ろうきん杯佐賀県U-12サッカー選手権>サガン鳥栖U-12・川嵜3発 ハードワーク貫く 決勝で川副少年を3-1

2023年2月5日<久光スプリングス>「勢いを持って戦えた」 荒木彩花、攻撃をけん引

2023年2月5日<久光スプリングス>デンソーに快勝、5連勝 久光3-0デンソー

2023年2月5日<久光スプリングス>「SAGAプラザはホーム感の中で戦えた」石井優希