新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校野球佐賀大会第11日>神埼清明と有田工、決勝進出

第104回全国高校野球選手権佐賀大会第11日は23日、佐賀市のさがみどりの森球場で準決勝2試合があり、神埼清明と有田工が決勝進出を決めた。神埼清明は初の、有田工は9大会ぶりの優勝を目指す。

神埼清明は延長十回、3番小副川のスクイズで1点を勝ち越し、5―4で龍谷を破った。今春の選抜大会に出場した有田工は、2点を追う三回、3番山口駿や5番犬塚の適時打などで一挙4得点。昨夏優勝の東明館に4―3で競り勝った。

最終日は25日午前10時から、同球場で神埼清明―有田工の決勝が行われる。

準決勝・神埼清明-龍谷 延長10回表神埼清明1死三塁、3番小副川達也のスクイズで三走鶴丸徹平が勝ち越しの生還=さがみどりの森球場


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<サガン鳥栖>主導権握るも完封負け 

2024年7月14日<サガン鳥栖>0―2でG大阪に敗れる

2024年7月14日<サガン鳥栖>新加入の清武弘嗣、初出場 敗戦にも気持ち切り替え「勝つ準備する」

2024年7月14日<サガン鳥栖>「次のチャンスをつかむ」移籍後初出場のヴィキンタス・スリヴカ

2024年7月14日<全九州高校体育大会>7月14日の成績