新着情報

SAGAスポニュース

<四国総体>テニス団体 男女の佐賀商ともに初戦敗退

【四国地方で本社取材班】全国高校総合体育大会「四国総体2022」は28日、高知県の春野総合運動公園テニス場などで6競技が行われ、佐賀県勢はテニスとボクシングに出場した。徳島市のアスティとくしまでは総合開会式があった。

テニス団体は男女の佐賀商が出場。ともに1回戦で男子は岩手に0―3で敗れ、女子は前橋育英(群馬)に1―2で惜敗した。ボクシングは5人が1回戦に臨み、フライ級の久原悠人(白石)、バンタム級の片渕薫人(佐賀西)、ウェルター級の堀田陸志(白石)が1回戦を突破した。

29日は徳島県などで7競技がある。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<新体操・九州体操選手権>佐賀北と佐賀女子手を取り合い 県選抜「完全優勝」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>登山・松本愛羽(唐津東) 体力と知力駆使、頂点に挑む 昨年の雪辱へ「基礎を固め臨む」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>ローイング北村真子(敬徳) 練習の虫、爆発的パワー 競技始め1年半、大舞台へ挑む

2024年7月14日【速報】<サガン鳥栖>G大阪に苦杯 試合終了 鳥栖0―2G大阪

2024年7月14日<サガン鳥栖U―18>東福岡高に敗れる