新着情報

SAGAスポニュース

<セーリング>29er級世界選手権 市橋愛生(早稲田佐賀高)組が2位

セーリングの29er級世界選手権は6日、スペインのエルバリス沖で行われ、女子の市橋愛生(早稲田佐賀高)後藤凜子(神奈川・南高)組が2位に入った。日本連盟によるとこの大会で日本勢のメダルは初めて。市橋、後藤組はユース世界選手権の銅に続くメダル獲得となった。

29er級は五輪の花形種目49er級へのステップとなる種目として知られている。

市橋は、9日に帰国予定で、12日から和歌山県の和歌山ヨットセーリングセンターで開かれる全国高校総体の420級に出場する。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2023年1月30日<東西松浦駅伝・回顧>SUMCO伊万里、総合力で王座奪還 

2023年1月30日30日放送「オーレ!サガン鳥栖」 NHK、沖縄キャンプ取材

2023年1月30日<東西松浦駅伝>選手ひと言

2023年1月29日<九州ろうきん杯佐賀県U―12サッカー選手権>川副少年など4強

2023年1月29日【動画】<東西松浦駅伝>SUMCO伊万里2大会ぶり頂点