新着情報

SAGAスポニュース

<セーリング>29er級世界選手権 市橋愛生(早稲田佐賀高)組が2位

セーリングの29er級世界選手権は6日、スペインのエルバリス沖で行われ、女子の市橋愛生(早稲田佐賀高)後藤凜子(神奈川・南高)組が2位に入った。日本連盟によるとこの大会で日本勢のメダルは初めて。市橋、後藤組はユース世界選手権の銅に続くメダル獲得となった。

29er級は五輪の花形種目49er級へのステップとなる種目として知られている。

市橋は、9日に帰国予定で、12日から和歌山県の和歌山ヨットセーリングセンターで開かれる全国高校総体の420級に出場する。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年10月4日【速報】<とちぎ国体>クライミング成年男子リード 樋口・中上組が2位

2022年10月3日<さが桜マラソン>募集開始、初日から申し込み続々

2022年10月3日<とちぎ国体>佐賀県勢、レスリング3選手優勝 ボルダリング、空手道3位

2022年10月3日<とちぎ国体>小柴伊織、父の前で頂点 初対戦の強敵を連破 レスリング

2022年10月3日<とちぎ国体>小野正之助、痛みに耐え栄冠「まさか勝てるとは」 レスリング