新着情報

SAGAスポニュース

<セーリング>29er級世界選手権 市橋愛生(早稲田佐賀高)組が2位

セーリングの29er級世界選手権は6日、スペインのエルバリス沖で行われ、女子の市橋愛生(早稲田佐賀高)後藤凜子(神奈川・南高)組が2位に入った。日本連盟によるとこの大会で日本勢のメダルは初めて。市橋、後藤組はユース世界選手権の銅に続くメダル獲得となった。

29er級は五輪の花形種目49er級へのステップとなる種目として知られている。

市橋は、9日に帰国予定で、12日から和歌山県の和歌山ヨットセーリングセンターで開かれる全国高校総体の420級に出場する。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月18日<サガン鳥栖>スポーツダイレクターに池田圭氏 小林祐三氏は退任

2024年4月18日<サガン鳥栖>序盤戦1勝1分け6敗 守護神の朴一圭「結果出すしかない」 チーム一丸勝利誓う

2024年4月18日<レットル佐賀>プレーオフ進出へ勝利つかめ 4月20日、大阪で安芸高田戦

2024年4月18日<サガン鳥栖>3試合ぶりホーム、サポーターに勝利を 4月20日、鹿島戦

2024年4月17日<佐賀バルーナーズ>激闘、琉球ゴールデンキングスに惜敗 2度延長も力尽きる 佐賀97-101琉球