新着情報

SAGAスポニュース

<四国総体>柔道女子 佐賀商・近藤V2、宇井3位

愛媛県などで開かれている全国高校総合体育大会「四国総体2022」で9日、柔道女子個人48キロ級の近藤美月(佐賀商3年)が頂点に立ち、全国総体2連覇を果たした。今大会、佐賀県勢の優勝はレスリングの甫木元起(鳥栖工2年)に次いで2人目。

近藤は決勝で城戸珊醐(福岡・大牟田)と対戦。近藤は序盤から積極的に技を掛け、延長にもつれ込んだ。延長開始直後、技ありがビデオ判定の末に取り消しとなったが、最後まで攻め続け、相手に三つ目の指導が与えられて勝利した。

このほか、柔道女子個人52キロ級で宇井柚ゆず葵き(佐賀商2年)、登山女子で唐津東、体操女子個人種目別跳馬で曽根崎しずく(鳥栖3年)がいずれも3位に入賞した。(小部亮介)

柔道女子個人48キロ級で優勝した佐賀商の近藤美月(右)と52キロ級で3位に入った同校の宇井柚葵=愛媛県松山市の愛媛県武道館


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月23日<佐賀県高校総体>総合開会式へ手順最終確認 5月24日熱戦開幕

2024年5月23日佐賀県で開催の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会、開閉会式の一般観覧者募集始まる

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>ハンドボール 男女とも佐賀清和と神埼清明軸か

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>アーチェリー 女子団体は高志館と唐津東が軸

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>水泳 市丸愛翔(龍谷)、個人メドレーで好記録狙う