新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校野球>有田工業、初戦で敗退 浜田(島根)に3―5

第104回全国高校野球選手権大会は13日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦4試合があり、佐賀県代表で春夏連続で甲子園に挑んだ有田工は浜田(島根県)に3-5で惜敗し、甲子園1勝はならなかった。@12、13、20面に関連記事

有田工は初回、1番塚本侑弥選手、2番松尾脩汰選手の連打などで好機をつくると、4番角田貴弘選手の遊ゴロの間に1点を先制した。三回に逆転を許したが、五回に角田選手の内野安打で同点にした。しかし、六回にエース塚本投手が4安打を集められ、3点を勝ち越された。その後1点を返したが、反撃も及ばなかった。

2校はともに開幕直前に複数の部員から新型コロナウイルスの陽性者が確認され、初戦を最も遅い日程にしての対戦だった。(鶴澤弘樹)

2回戦・有田工-浜田(島根) 6回裏、無死二、三塁のピンチで主戦塚本侑弥(右から2人目)のもとに集まる有田工ナイン=甲子園(撮影・米倉義房)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<新体操・九州体操選手権>佐賀北と佐賀女子手を取り合い 県選抜「完全優勝」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>登山・松本愛羽(唐津東) 体力と知力駆使、頂点に挑む 昨年の雪辱へ「基礎を固め臨む」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>ローイング北村真子(敬徳) 練習の虫、爆発的パワー 競技始め1年半、大舞台へ挑む

2024年7月14日【速報】<サガン鳥栖>G大阪に苦杯 試合終了 鳥栖0―2G大阪

2024年7月14日<サガン鳥栖U―18>東福岡高に敗れる