新着情報

SAGAスポニュース

<全九州高校新人・陸上>牛島(致遠館)がV 男子走り幅跳び

第40回全九州高校新人陸上大会が14日、佐賀市のSAGAスタジアムで開幕した。初日は男女計15種目があり、佐賀県勢は男子走り幅跳びで致遠館の牛島壮司朗が7メートル31(追い風参考)を記録して優勝した。

男子走り幅跳びでは八並大飛(佐賀工)が6位に入り、男子5000メートル競歩では古川照哉(鳥栖工)が2位だった。男子1500メートルで太田宗一郎(同)が4位、佐藤光希(同)が8位に入った。

男子400メートルで庄籠大翔(東福岡)が47秒51の大会新記録、渕上翔太(同)が47秒53の大会タイ記録をマーク。5000メートル競歩では、男子の下田悠樹(福岡・自由ヶ丘)が20分55秒74、女子の大山藍(鹿児島女子)が22分46秒44でそれぞれ大会記録を更新した。(小部亮介)

陸上男子走り幅跳び決勝 7メートル31を跳んで頂点に立った致遠館の牛島壮司朗=佐賀市のSAGAスタジアム


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月24日<サガン鳥栖>13年目のJ1開幕戦逆転負け

2024年2月24日<サガン鳥栖>後半失速、気おされ守勢に 富樫敬真「もっと戦わないと」

2024年2月24日<サガン鳥栖>開始5分先制も主導権失う

2024年2月24日<サガン鳥栖>3年目の川井健太監督「我々のテンポでできなかった」

2024年2月24日<クライミング>地元沸かせた気迫の背中 樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)準優勝 リード男子