新着情報

SAGAスポニュース

<全九州高校新人・陸上>牛島(致遠館)がV 男子走り幅跳び

第40回全九州高校新人陸上大会が14日、佐賀市のSAGAスタジアムで開幕した。初日は男女計15種目があり、佐賀県勢は男子走り幅跳びで致遠館の牛島壮司朗が7メートル31(追い風参考)を記録して優勝した。

男子走り幅跳びでは八並大飛(佐賀工)が6位に入り、男子5000メートル競歩では古川照哉(鳥栖工)が2位だった。男子1500メートルで太田宗一郎(同)が4位、佐藤光希(同)が8位に入った。

男子400メートルで庄籠大翔(東福岡)が47秒51の大会新記録、渕上翔太(同)が47秒53の大会タイ記録をマーク。5000メートル競歩では、男子の下田悠樹(福岡・自由ヶ丘)が20分55秒74、女子の大山藍(鹿児島女子)が22分46秒44でそれぞれ大会記録を更新した。(小部亮介)

陸上男子走り幅跳び決勝 7メートル31を跳んで頂点に立った致遠館の牛島壮司朗=佐賀市のSAGAスタジアム


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年11月30日サガン鳥栖 契約更新・移籍・新加入情報 2023シーズン

2022年11月30日<サガン鳥栖>GK守田達弥が柏に完全移籍 ドゥンガは契約満了

2022年11月29日<市町予算>基山町 11月29日

2022年11月29日<サガン鳥栖>仙台からFW富樫敬真を完全移籍で獲得

2022年11月29日2024年にハンドボール新リーグ、トヨタ紡織九州も名乗り 課題多く男子は分裂危機