新着情報

SAGAスポニュース

<柔道・グランドスラム東京>近藤隼斗(佐賀工高出身)、男子69キロ級準優勝 阿部詩は女子52キロ級制す

柔道のグランドスラム(GS)東京大会最終日は4日、東京体育館で男女計8階級が行われ、女子52キロ級で東京五輪金メダルの阿部詩(日体大)が決勝で志々目愛(了徳寺大職)を下して優勝した。10月の世界選手権に続く制覇で全日本柔道連盟の選考基準を満たし、来年5月の同選手権(ドーハ)代表に決まった。

男子は66キロ級で世界選手権2位の丸山城志郎(ミキハウス)が優勝し、60キロ級で近藤隼斗(国士舘大)が2位。100キロ級で東京五輪王者のウルフ・アロン(了徳寺大職)は初戦の2回戦で敗退し、飯田健太郎(旭化成)は準優勝。100キロ超級は太田彪雅(旭化成)が昨年世界一の影浦心(日本中央競馬会)を決勝で破った。

女子は東京五輪覇者で78キロ超級の素根輝(パーク24)が優勝し、78キロ級の浜田尚里(自衛隊)は決勝で高山莉加(三井住友海上)に一本負けした。48キロ級は2年連続世界女王の角田夏実(了徳寺大職)が準決勝で立川莉奈福岡県警)に敗れて3位となり、世界選手権代表入りは持ち越し。17歳の宮木果乃(東京・修徳高)が制した。

日本でのGS大会は新型コロナウイルス禍で中止が続き、3年ぶりの開催。女子は2017年以来の全階級制覇だった。

佐賀県関係では近藤のほか、男子66キロ級の筑波大3年の田中龍馬(佐賀商高出身)が準々決勝で丸山城志郎に敗れた。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2023年1月28日<久光スプリングス>総力戦、最後まで集中 粘りの守備猛攻に耐える

2023年1月28日<ゾンビランドサガ×久光スプリングス>声優・本渡さん、河瀬さん来場 「バレーボール、面白い!」

2023年1月28日<久光スプリングス>NECに逆転勝ち2連勝 久光3―1NEC

2023年1月28日<佐賀バルーナーズ>東地区首位の越谷に連勝 佐賀69―52越谷

2023年1月28日<サガン鳥栖>J1浦和と1月29日練習試合へ フォーメーションなど確認