新着情報

SAGAスポニュース

江藤綾香(佐賀清和高ー日体大)バレーボール女子V1日立に入団 夢舞台で「結果残したい」

V1日立リヴァーレ加入を江里口秀次市長(左)に報告した小城市牛津町出身の江藤綾香選手=1月5日、小城市役所

幼い頃からの夢の舞台に立つ。佐賀清和高で全国大会を経験した江藤綾香が、大学を経てバレーボール女子・Vリーグ1部(V1)の日立Astemoリヴァーレ(茨城)に加入が決まった。「バレーを始めた時からの夢。わくわくする気持ちと、結果を残したいという思いがある」と力を込める。

小学3年から競技を始めた。きっかけは偶然だった。「たまたま小学校の体育館をのぞいた時にバレーボールをやっていて、自分もやりたいと思った」。牛津中3年で佐賀県選抜メンバーに選ばれるなど、力をつけていった。

佐賀清和高に進学後も1年の秋ごろから試合に出場した。3年夏の全国総体。優勝候補の一角に名を連ねた福井工大福井を2―0で下し、勢いに乗った。準々決勝で強豪の東九州龍谷(大分)に敗れたものの、県勢女子初のベスト8入りに大きく貢献した。

高校最後の大会となった全日本高校選手権(春高)でも躍進した。8強入りこそ逃したが、「今は東レアローズにいる石川真佑選手のスパイクをブロックできた」と、現在の日本代表の中核を担う石川選手を擁した下北沢成徳(東京)との一戦が印象に残るという。

日体大では1、2年時はプレー面で悩み、左すねの疲労骨折で練習ができない時期を経験。それでも、自らの課題と向き合い、努力を続けた。3年の冬。全日本大学男女選手権では東海大に敗れたが準優勝に輝いた。

自身の強みは180センチの高さを生かした堅実なブロック。日立の練習には昨年末に初めて参加した。高さやスピードのレベルの違いを感じるとともに、選手が練習と向き合う姿勢にも刺激を受けた。「相手のスパイクの正面に入るブロックは通用しそう」と一定の手応えを口にしつつ「横に動くブロックのスピードを上げ、攻撃の幅も増やしていきたい」と高みを見据える。

憧れの選手は、日本代表として東京五輪で主将を務めるなど4度の五輪出場を果たした荒木絵里香さん。「ブロックの時の手の出し方がすごい」と手本にする。

小学6年生の頃に掲げた夢は「バレー選手になって世界で活躍する」こと。スタートラインに立った22歳は「Vリーグの舞台に立つことがゴールではない」と言い切る。「長所を伸ばし、苦手なプレーにも挑戦して結果を残していける選手になっていく」。日本最高峰のリーグで活躍する姿を子どもたちに届け、夢や希望を与えていく。(小部亮介)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2023年1月28日<久光スプリングス>総力戦、最後まで集中 粘りの守備猛攻に耐える

2023年1月28日<ゾンビランドサガ×久光スプリングス>声優・本渡さん、河瀬さん来場 「バレーボール、面白い!」

2023年1月28日<久光スプリングス>NECに逆転勝ち2連勝 久光3―1NEC

2023年1月28日<佐賀バルーナーズ>東地区首位の越谷に連勝 佐賀69―52越谷

2023年1月28日<サガン鳥栖>J1浦和と1月29日練習試合へ フォーメーションなど確認