新着情報

SAGAスポニュース

<祐徳ロードレース>ハーフマラソン一般女子(18~39歳)田口亜利沙2位、佐賀県勢トップ「桜マラソンで自己新目指す」

ハーフマラソン一般女子(18~39歳)で、田口亜利沙(KRP ELITE、鳥栖市)が1時間21分54秒で、県勢トップの2位に入った。フルマラソンにも積極的に挑戦し、記録を伸ばしている社会人ランナーは「次はさが桜マラソンで自己ベストを更新したい」と意欲を燃やしている。

田口は安定した走りで序盤から女子のトップに立ったが、折り返しを過ぎた12キロ辺りから逆風に苦しみペースダウン。13キロ付近で先頭を譲ったものの、粘り強く食らいつき、目標としていた1時間21分台に滑り込んだ。

致遠館高陸上部出身で、マラソンを始めたのは社会人になってから。「記録を伸ばすのが楽しくなって」と、全国の大会に出場を重ねた。1月の大阪国際女子マラソンでは2時間54分19秒と自己ベストを更新した。

2020年に東京からUターンし、仕事の傍ら1カ月で400キロの走り込みを続ける。来月のさが桜マラソンでは、「後半にペースが落ちないよう、しっかりと練習を積んで、2時間50分切りを目指したい」と話した。(山口源貴)

ハーフマラソン一般女子で県勢トップの2位に輝いたKRP ELITEの田口亜利沙=鹿島市古枝


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月24日<サガン鳥栖>13年目のJ1開幕戦逆転負け

2024年2月24日<サガン鳥栖>後半失速、気おされ守勢に 富樫敬真「もっと戦わないと」

2024年2月24日<サガン鳥栖>開始5分先制も主導権失う

2024年2月24日<サガン鳥栖>3年目の川井健太監督「我々のテンポでできなかった」

2024年2月24日<クライミング>地元沸かせた気迫の背中 樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)準優勝 リード男子