新着情報

SAGAスポニュース

さが桜マラソン、4年ぶりスタート 約9000人のランナー駆ける

春の肥前路を約9千人のランナーが駆け抜ける「さが桜マラソン2023」(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会・佐賀県・佐賀市・神埼市主催、ミサワホーム佐賀特別協賛)が19日、4年ぶりに通常開催され、同日午前9時、佐賀市のSAGAサンライズパーク前をスタートした。

大会は、新型コロナウイルスの影響で、2020年が中止になり、21、22年はオンラインでの開催となった。ランナーたちは号砲とともに、フルマラソンとファンランに出場するランナーが一斉にスタートを切った。14年に大会記録を樹立した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)らを中心にトップ争いの展開が予想される。

スタート後は佐賀城のお堀を巡り、神埼市へ。吉野ケ里歴史公園を折り返して佐賀市のSAGAスタジアムのゴールを目指す。

SAGAサンライズパーク前を一斉にスタートするランナー=午前9時ごろ、佐賀市


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月21日<レットル佐賀>13年ぶりPO、優勝目指す 24日に3位・ジークスター東京と対戦 「走るハンド」で挑む

2024年5月21日<佐賀バルーナーズ>ガルシアが自由交渉 海外リーグに短期挑戦「またすぐに会いましょう」 フィーラーは更新

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>サッカー 佐賀東4連覇に挑む 佐賀商、龍谷など追う

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>体操 男子は鳥栖工の小川蓮斗と小笠原春が中心

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>新体操 女子・佐賀北と佐賀女子が頂点争う 男子は神埼清明2チームが出場