新着情報

SAGAスポニュース

ソフトボール女子日本代表 第13回アジアカップV 内藤、塚本(佐賀女子高卒)が貢献

ソフトボール女子の第13回アジアカップが2~8日、韓国・仁川で開かれ、日本代表は優勝決定戦で中国を6―0で下して優勝した。日本は「第17回女子ワールドカップ」のグループステージへの出場権を得た。

日本代表メンバーとして佐賀県関係では佐賀女子高出身の東京五輪金メダリスト内藤実穂(ビックカメラ高崎)と昨季JDリーグで首位打者を獲得した塚本蛍(ホンダ)が出場した。

大会は日本を含む9チームが1回戦総当たりの予選リーグを経て、予選リーグ1、2位通過チームが優勝決定戦、3、4位通過チームが3位決定戦を実施した。日本は予選8試合を101得点1失点、8勝の予選1位で突破。優勝決定戦で予選2位の中国に快勝した。

優勝決定戦で4番を務めた内藤は1安打を放ち、出場した8試合で9打数5安打。塚本は予選リーグのシンガポール戦で2点本塁打を放つなど長打力で存在感を示した。(小部亮介)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年3月2日<サガン鳥栖>今季初勝利、札幌を4―0

2024年3月2日<サガン鳥栖>マルセロヒアン先制ゴール 「もっと決めたい」

2024年3月2日<佐賀バルーナーズ>主導権渡さず北海道に大勝 佐賀81―52北海道

2024年3月2日<佐賀バルーナーズ>攻守で圧倒、一気に流れ 角田太輝、試合展開に手応え

2024年3月2日<サガン鳥栖>マルセロヒアン先制、ヴィニシウスアラウージョ追加点