新着情報

SAGAスポニュース

<重量挙げ・全日本選手権>安嶋千晶が大会新で優勝 女子49キロ級 男子67キロ級の生頼永人も頂点

重量挙げの全日本選手権第1、2日は21、22日、山梨市民総合体育館であり、佐賀県勢は女子49キロ級の安嶋千晶(チームSSP)がスナッチ84キロ、ジャーク104キロのトータル188キロで大会新記録で優勝した。男子67キロ級の生頼永人(同)はスナッチ128キロ、ジャーク164キロのトータル292キロで初の頂点に立った。

女子59キロ級は東京五輪銅メダルの安藤美希子(FAコンサルティング)がスナッチで93キロ、ジャークは120キロのトータル213キロで2連覇を果たした。

男子73キロ級は佐藤康太郎(自衛隊)がスナッチ145キロ、ジャーク182キロのトータル327キロで優勝。同81キロ級は前回覇者の原勇輝(自衛隊)が制し、女子64キロ級は宮越由依(金沢学院大)が初優勝した。

男子67キロ級 優勝した生頼永人のジャーク=山梨市民総合体育館
女子49キロ級 スナッチで84キロに成功した安嶋千晶=山梨市民総合体育館


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月21日全日本学童軟式野球佐賀県大会 25、26日に2、3回戦 開始時刻と会場決まる

2024年5月21日<レットル佐賀>13年ぶりPO、優勝目指す 24日に3位・ジークスター東京と対戦 「走るハンド」で挑む

2024年5月21日<佐賀バルーナーズ>ガルシアが自由交渉 海外リーグに短期挑戦「またすぐに会いましょう」 フィーラーは更新

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>サッカー 佐賀東4連覇に挑む 佐賀商、龍谷など追う

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>体操 男子は鳥栖工の小川蓮斗と小笠原春が中心