新着情報

SAGAスポニュース

<ローイング・全日本選手権>石塚慎之助(チームSSP)2位 男子シングルスカル

ローイング(ボート)の第101回全日本選手権大会が21日、東京都の海の森水上競技場で行われた。佐賀県勢では、6人で争った男子シングルスカル決勝(2000メートル)で、石塚慎之助(チームSSP)が7分34秒32で2位に入った。

スタート直後に1選手が飛び出したが、石塚は安定した漕ぎで追い上げた。中盤以降は激しい2位争いを繰り広げ、最後は競り勝った。

チームSSPと佐賀新聞社の選手で構成した男子舵手付きフォア(直田拓巳、齋藤拓馬、塩田義峰、松浦大河、小島発樹)は6チームで争った決勝に出場。レース序盤から大学生チームに遅れを取ったが、終盤に粘り強く追い上げ、6分27秒74の4位で終えた。(小部亮介)

男子シングルスカル決勝 力強い漕ぎで2位に入ったチームSSPの石塚慎之助=東京都(撮影・小島発樹)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月21日<レットル佐賀>13年ぶりPO、優勝目指す 24日に3位・ジークスター東京と対戦 「走るハンド」で挑む

2024年5月21日<佐賀バルーナーズ>ガルシアが自由交渉 海外リーグに短期挑戦「またすぐに会いましょう」 フィーラーは更新

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>サッカー 佐賀東4連覇に挑む 佐賀商、龍谷など追う

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>体操 男子は鳥栖工の小川蓮斗と小笠原春が中心

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>新体操 女子・佐賀北と佐賀女子が頂点争う 男子は神埼清明2チームが出場