新着情報

SAGAスポニュース

<佐賀県高校総体>剣道女子団体、三養基が2大会連続頂点 ラグビー男子は佐賀工が47大会連続

第61回佐賀県高校総合体育大会第2日は27日、佐賀市のSAGAアリーナなどで26競技が行われ、剣道女子団体は三養基が2大会連続13度目の頂点に立った。ラグビー男子は佐賀工が47大会連続53度目の優勝。相撲男子団体は多久が3大会連続26度目の栄冠を勝ち取った。

競泳男子400メートル個人メドレーでは市丸愛翔(龍谷)が4分26秒07の大会記録で優勝。同1500メートルは岩永琉聖(佐賀学園)が16分35秒41、同女子400メートル個人メドレーは向井彩(佐賀商)が5分18秒20でそれぞれ大会新記録で頂点に立った。

第3日は28日、吉野ヶ里町文化体育館などで20競技が行われる。

剣道女子団体で2連覇を果たし、喜び合う三養基の選手たち=佐賀市のSAGAアリーナ


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点

2024年2月25日<祐徳ロードレース>青山学院大学4年の松並昂勢、大学ラストラン飾る 箱根区間賞の岸本遼太郎(東洋大学)との一騎打ち制す

2024年2月25日<祐徳ロードレース>副島孝輝(鹿島市出身)3位 地元で自己ベストを更新「楽しく走れた」