新着情報

SAGAスポニュース

<レスリング全日本選抜>角雅人(鳥栖工高―自衛隊)準優勝 男子グレコローマン87キロ級

レスリングの世界選手権(9月・ベオグラード)代表選考会を兼ねた明治杯全日本選抜選手権第2日は16日、東京体育館で行われ、女子53キロ級で19歳の藤波朱理(日体大)が17日の決勝進出を決めた。準々決勝で東京五輪金メダルの志土地真優(ジェイテクト)にフォール勝ちし、準決勝も快勝した。

藤波は2017年9月から続く連勝を121に伸ばし、五輪3連覇の吉田沙保里が記録した119連勝を超えた。志土地は世界選手権代表を逃し、来年のパリ五輪出場が厳しくなった。

佐賀県関係では、男子グレコローマン87キロ級の角雅人(鳥栖工高―自衛隊)が準優勝。同63キロ級の小柴亮太(佐賀中部農林事務所)と男子フリースタイル86キロ級の白井達也(チームSSP)が3位に入った。男子グレコローマン97キロ級の仲里優力(同)は17日の決勝に進んだ。

女子68キロ級決勝では森川美和(ALSOK)が東京五輪62キロ級女王の川井友香子(サントリービバレッジソリューション)を破った。森川は7月に世界選手権代表決定プレーオフに臨む。

同62キロ級は元木咲良(育英大)が昨年12月の全日本選手権に続いて優勝し、世界選手権代表に決定。男子ではフリースタイル86キロ級の石黒隼士(自衛隊)、兄で同97キロ級の石黒峻士(新日本プロレス職)らも世界選手権代表となった。

男子グレコローマンスタイル77キロ級の屋比久翔平(ALSOK)、同フリースタイル57キロ級の樋口黎(ミキハウス)らは17日の決勝に進んだ。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点

2024年2月25日<祐徳ロードレース>青山学院大学4年の松並昂勢、大学ラストラン飾る 箱根区間賞の岸本遼太郎(東洋大学)との一騎打ち制す

2024年2月25日<祐徳ロードレース>副島孝輝(鹿島市出身)3位 地元で自己ベストを更新「楽しく走れた」