新着情報

SAGAスポニュース

<レスリング全日本選抜>角雅人(鳥栖工高―自衛隊)準優勝 男子グレコローマン87キロ級

レスリングの世界選手権(9月・ベオグラード)代表選考会を兼ねた明治杯全日本選抜選手権第2日は16日、東京体育館で行われ、女子53キロ級で19歳の藤波朱理(日体大)が17日の決勝進出を決めた。準々決勝で東京五輪金メダルの志土地真優(ジェイテクト)にフォール勝ちし、準決勝も快勝した。

藤波は2017年9月から続く連勝を121に伸ばし、五輪3連覇の吉田沙保里が記録した119連勝を超えた。志土地は世界選手権代表を逃し、来年のパリ五輪出場が厳しくなった。

佐賀県関係では、男子グレコローマン87キロ級の角雅人(鳥栖工高―自衛隊)が準優勝。同63キロ級の小柴亮太(佐賀中部農林事務所)と男子フリースタイル86キロ級の白井達也(チームSSP)が3位に入った。男子グレコローマン97キロ級の仲里優力(同)は17日の決勝に進んだ。

女子68キロ級決勝では森川美和(ALSOK)が東京五輪62キロ級女王の川井友香子(サントリービバレッジソリューション)を破った。森川は7月に世界選手権代表決定プレーオフに臨む。

同62キロ級は元木咲良(育英大)が昨年12月の全日本選手権に続いて優勝し、世界選手権代表に決定。男子ではフリースタイル86キロ級の石黒隼士(自衛隊)、兄で同97キロ級の石黒峻士(新日本プロレス職)らも世界選手権代表となった。

男子グレコローマンスタイル77キロ級の屋比久翔平(ALSOK)、同フリースタイル57キロ級の樋口黎(ミキハウス)らは17日の決勝に進んだ。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年6月13日<15の夏輝く 中学総体応援メッセージ>成章中女子バレーボール部

2024年6月12日<15の夏輝く 中学総体応援メッセージ>鍋島中軟式野球部

2024年6月12日<サガン鳥栖>高知ユナイテッドSCを2―1で下す サッカー天皇杯、3回戦進出

2024年6月12日<サガン鳥栖>アラウージョ、殊勲の2ゴール ぶれずに得点狙い続ける サッカー天皇杯2回戦 鳥栖2-1高知ユナイテッドSC

2024年6月12日<サガン鳥栖>戦評 高知に競り勝つ 天皇杯2回戦 鳥栖2―1高知ユナイテッドSC