新着情報

SAGAスポニュース

<北海道総体>甫木元起2連覇 鳥栖工業3選手、3位入賞

北海道などで開かれている全国高校総合体育大会「翔び立て若き翼 北海道総体2023」は28日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナでレスリング男子個人8階級の決勝までが行われ、92キロ級の甫木元起(ほき・げんき、鳥栖工高)が頂点に立ち、全国総体2連覇を達成した。

甫木は決勝を含む5試合全てでテクニカルフォール勝ちを収める完勝。決勝では立ち上がりから積極的な攻めを見せて得点を重ねた。

鳥栖工高勢はこのほか、55キロ級の河野兼多朗、65キロ級の松原拓郎、71キロ級の伊藤海里が3位に入った。(小部亮介)

レスリング男子個人で表彰台に上がった鳥栖工の選手たち。(左から)65キロ級3位の松原拓郎、55キロ級3位の河野兼多朗、92キロ級優勝の甫木元起、71キロ級3位の伊藤海里=北海道札幌市(撮影・西浦福紗)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<新体操・九州体操選手権>佐賀北と佐賀女子手を取り合い 県選抜「完全優勝」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>登山・松本愛羽(唐津東) 体力と知力駆使、頂点に挑む 昨年の雪辱へ「基礎を固め臨む」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>ローイング北村真子(敬徳) 練習の虫、爆発的パワー 競技始め1年半、大舞台へ挑む

2024年7月14日【速報】<サガン鳥栖>G大阪に苦杯 試合終了 鳥栖0―2G大阪

2024年7月14日<サガン鳥栖U―18>東福岡高に敗れる