新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校総体>剣道女子団体の三養基3位 フェンシング女子団体佐賀商は5位

【北海道で本社取材班】

全国高校総合体育大会「翔び立て若き翼 北海道総体2023」第17日は6日、帯広市などで10競技が行われた。佐賀県勢は7競技に出場し、剣道女子団体は準決勝で三養基が守谷(茨城)に代表者戦の末に競り負けて3位だった。

フェンシング団体の佐賀商は女子が準々決勝で東亜学園(東京)に敗れて8強。男子の佐賀商は2回戦で涙をのんだ。ソフトボール男子の牛津は2回戦で富山工に敗れた。カヌー(200メートル)の男子カヤックペア決勝に進んだ礒川佳士・松川好利(鳥栖工)は7位だった。なぎなたは演技競技の大谷舞桜・小森亜実組(牛津)が決勝トーナメント2回戦で敗れた。

第18日は7日、千歳市などで5競技がある。

剣道女子団体準決勝・三養基―守谷(茨城) 代表戦となり、面を付ける三養基の嶋内さおり(中央)=帯広市


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<新体操・九州体操選手権>佐賀北と佐賀女子手を取り合い 県選抜「完全優勝」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>登山・松本愛羽(唐津東) 体力と知力駆使、頂点に挑む 昨年の雪辱へ「基礎を固め臨む」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>ローイング北村真子(敬徳) 練習の虫、爆発的パワー 競技始め1年半、大舞台へ挑む

2024年7月14日【速報】<サガン鳥栖>G大阪に苦杯 試合終了 鳥栖0―2G大阪

2024年7月14日高校野球佐賀大会、15日は天候不良で順延<全国高校野球選手権佐賀大会>7月15日の試合は16日に順延