新着情報

SAGAスポニュース

<柔道・世界カデ選手権>清水優陸(佐賀商高)女子63キロ級頂点 「やるべきことできた」

23日にクロアチアで開幕した15~17歳の選手が競う世界カデ柔道選手権大会で、佐賀商高2年の清水優陸が女子63キロ級で頂点に立った。清水は「初めての世界大会で緊張したが、やるべきことをしっかりできた。素直にうれしい」と喜んだ。

清水は3月の全国選抜と8月の全国総体で2冠を達成して臨んだ。初戦の2回戦でギリシャの選手、3回戦でチュニジアの選手に反則勝ちを収めた。アメリカの選手と戦った準々決勝で2分46秒に内股を決めて一本勝ち。準決勝ではモンゴルの選手に優勢勝ちし、ブラジルの選手との決勝では3分21秒に体落としで一本を奪った。

初の世界大会で「最初は動きが硬く、慎重になりすぎていた」と清水。それでも徐々に緊張がほぐれ「試合を楽しむことができた」と振り返った。(小部亮介)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点

2024年2月25日<祐徳ロードレース>青山学院大学4年の松並昂勢、大学ラストラン飾る 箱根区間賞の岸本遼太郎(東洋大学)との一騎打ち制す

2024年2月25日<祐徳ロードレース>副島孝輝(鹿島市出身)3位 地元で自己ベストを更新「楽しく走れた」