新着情報

SAGAスポニュース

<佐賀県高校新人陸上大会>男子800m 白石・中島が大会新で優勝 5000m石川(鳥栖工)、八種競技・松永(致遠館)も大会新で頂点

第56回佐賀県高校新人陸上大会兼全九州高校新人陸上競技大会予選会最終日は17日、佐賀市のSAGAスタジアムで行われた。男子800メートルで中島颯太(白石)が1分54秒84の大会新で頂点に立った。2位の石井翼(鳥栖工)も1分56秒85の大会新だった。

同5000メートルは石川蒼大(同)が14分27秒65の大会新で優勝。同八種競技の松永憲政(致遠館)は4974点の大会新で制した。

400メートルリレーは男子が致遠館で41秒94、女子は伊万里実が47秒93で頂点に立った。男子400メートル障害は吉岡優大(佐賀工)が57秒33で、女子同は松尾優那(佐賀清和)が1分6秒92で優勝した。

3位以上の選手、チームは10月6~8日に熊本県のえがお健康スタジアムで行われる九州大会に出場する。(鶴澤弘樹)

成績

男子400メートル障害決勝 吉岡優大(佐賀工、手前)が接戦を制した=佐賀市のSAGAスタジアム


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月23日<佐賀県高校総体>総合開会式へ手順最終確認 5月24日熱戦開幕

2024年5月23日佐賀県で開催の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会、開閉会式の一般観覧者募集始まる

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>ハンドボール 男女とも佐賀清和と神埼清明軸か

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>アーチェリー 女子団体は高志館と唐津東が軸

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>水泳 市丸愛翔(龍谷)、個人メドレーで好記録狙う