新着情報

SAGAスポニュース

<鹿児島国体>スポーツクライミング・少年男子ボルダリングの通谷律・結太(多久高校)優勝、同成年男子リードの樋口純裕(PUMP2)・中上太斗(チームSSP)頂点

特別国民体育大会「燃ゆる感動 かごしま国体」第3日と第4日は9、10の両日、南さつま市などで競技が行われた。佐賀県勢は、スポーツクライミング少年男子の通谷律・結太(以上、多久高)がボルダリングで優勝、リードで2位。同成年男子の樋口純裕(PUMP2)・中上太斗(チームSSP)もリードで頂点に立った。成年女子ボルダリングは大河内芹香(チームSSP)・樋口結花(西九州大)組が4位入賞。佐賀県勢は3日間で118点を獲得し、初めて総合優勝を達成した。

ボウリング少年男子個人の田中陽貴(佐賀商高)は、決勝の3ゲームで計630点を記録し準優勝を果たした。バレーボール成年女子とハンドボール成年男子はそれぞれ決勝進出を決めた。

スポーツクライミング少年男子ボルダリング決勝で合わせて7つの課題をクリアした通谷結太(多久高、手前)と兄の律(同)=南さつま市


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日