新着情報

SAGAスポニュース

表彰状デザイン決まる 佐賀国スポ・全障スポ 名尾手すき和紙で製作も

来年10月に佐賀県で開催される国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会(SAGA2024)の表彰状のデザインが決まった。国スポの男女総合成績と女子総合成績で入賞した都道府県に渡される表彰状は、県の伝統工芸品「名尾手すき和紙」で製作する。

24日に県庁で開かれたSAGA2024実行委員会常任委員会で報告された。男女総合成績と女子総合成績1~8位の都道府県の表彰状を入れる額縁は、1976(昭和51)年の若楠国体の頃に植樹された多良岳産スギで作り、表彰状には細かくしたスギをすき込む。

国スポや全障スポの競技別賞状などは大会ロゴが印字されたシンプルなデザインで、収納する紙製の額縁にピクトグラムをあしらっている。このほか、総合開・閉会式に出演する式典音楽隊やオープニングプログラムで演じる10団体なども決まった。

国スポの入場料については、総合開会式は大人千円(高校生以下は無料)、特別競技の高校野球(硬式)は大人600円、高校生以下と車いす利用者は300円(介助者は無料)とする議案も可決した。総合閉会式は無料。12月に日本スポーツ協会が開く委員会で協議し、正式に決定する。(小部亮介)

男女総合成績と女子総合成績で入賞した都道府県に贈られる表彰状のデザイン


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点