新着情報

SAGAスポニュース

佐賀県勢メダル39個、さらなる飛躍誓う 全障スポ選手団が報告会

鹿児島県で10月に開かれた「特別全国障害者スポーツ大会『燃ゆる感動かごしま大会』」の佐賀県選手団出場報告会が3日、武雄市のケーブルワン・スポーツパークであった。金メダル21個をはじめ39個のメダルを獲得したことを報告し、1年後に迫った佐賀大会に向けてさらなる飛躍を誓った。

9競技に72人が出場した県勢は金21個、銀13個、銅5個のメダルを手にし、メダル26個だった前回大会から躍進した。報告会では、開会式で旗手を務め、卓球男子精神障害で金メダルを獲得した杉谷稜斗さん(高志館高3年)が「初めての旗手に緊張したが、佐賀県がたくさんのメダルを獲得できてよかった」と笑顔で大会を振り返った。

佐賀大会に向けた育成指定選手の認定証交付式もあり、個人と団体で14競技の310人が認定を受けた。代表して水泳視覚障害の柴田健二さん(69)と、バレーボール知的女子の下村真美子さん(20)に認定証とTシャツが贈られた。

地元企業の支援を受けてクラブチームとして活動を始めたバレーボール知的男子チーム「SAGA WINCROWS(サガウィンクロウズ)」によるデモンストレーションもあり、選手たちは軽快な動きでスパイクやレシーブを披露して会場を沸かせた。(蒲原隆寛)

県選手団を代表し、山口祥義知事(右)から育成指定選手の認定証とTシャツを受け取った水泳視覚障害の柴田健二さん(左)とバレーボール女子知的障害の下村真美子さん=武雄市のケーブルワン・スポーツパーク


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点