新着情報

SAGAスポニュース

<都道府県対抗女子駅伝>佐賀、意地の39位 宮城が29年ぶり2度目の優勝

第42回全国都道府県対抗女子駅伝は14日、京都市のたけびしスタジアム京都発着の9区間、42・195キロで行われ、宮城が2時間16分30秒で29年ぶり2度目の優勝を果たした。佐賀は2時間26分1秒で昨年より順位を六つ落とし、39位だった。

宮城は序盤から上位を争い、8区(3キロ)の男乕結衣(五城中)が区間賞の力走で先頭兵庫と9秒差の2位に浮上。最終9区(10キロ)は小海遥(第一生命グループ)が快走して残り約7キロで追いつき、5キロ過ぎで突き放した。

京都が20秒遅れで昨年に続く2位となり、広島が3位に入った。1区(6キロ)は石川の五島莉乃(資生堂)、2区(4キロ)は19人を抜いた兵庫の田中希実(ニューバランス)が区間賞を獲得した。

最後のトラックで力をふりしぼる9区の山口遥(福岡大)=京都市のたけびしスタジアム京都


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点