新着情報

SAGAスポニュース

伊万里ハーフマラソン、陽気に恵まれ快走 全国から3000人参加

伊万里湾を周回する伊万里ハーフマラソン(伊万里市など主催)が8日、伊万里市で開かれた。全国から約3千人のランナーが参加し、穏やかな陽気の下で気持ちいい汗を流した。

コースは松島町の市民センター前をスタートし、伊万里湾大橋を渡って湾を一回りする約21キロ。新型コロナウイルス禍が落ち着きを見せていることから、定員を前回から千人増やして実施した。

この日は風もほとんどない絶好のマラソン日和で、ランナーたちは思い思いのペースでゴールを目指した。福岡県の松浦崇之さんが1時間5分34秒の大会新記録で総合優勝。佐賀県の選手では男子が小城市の溝田槙悟さん、女子は佐賀市の吉冨博子さんがトップだった。溝田さんは「沿道の応援に元気をもらい、楽しく走れた」と笑顔で話した。(青木宏文)

総合2位、佐賀県勢1位でゴールした溝田槙悟選手=伊万里市


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点