新着情報

SAGAスポニュース

<クライミング・ボルダージャパンカップ>男子の通谷律(多久高)5位

スポーツクライミングのボルダーの「ジャパンカップ」最終日は12日、多久市の九州クライミングベースSAGAで男子の決勝と女子準決勝、決勝が行われた。佐賀県勢は男子で多久高の通谷律(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)が5位だった。女子の大河内芹香(同)は準決勝で20位で、6人で競う決勝進出を逃した。

スポーツクライミングのボルダー・ジャパンカップ最終日は12日、佐賀県多久市で行われ、6人による決勝で男子は緒方良行(B―PUMP)が初優勝した。ただ一人、全4課題(コース)のうちの2課題を完登した。

他の5選手は1完登にとどまり、パリ五輪代表の楢崎智亜が2位、安楽宙斗(千葉・八千代高)は6位だった。

女子は中村真緒(日新火災)が初めて頂点に立った。パリ五輪出場を目指す野中生萌が2位、森秋彩(茨城県連盟)は5位だった。

男子決勝で第1課題を一気に完登する通谷律=多久市の九州クライミングベースSAGA


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点