新着情報

SAGAスポニュース

<陸上・日本選手権>久保山晴菜(今村病院)連覇逃す けが影響、後半の伸び欠く

昨年の400メートル女王が予選で姿を消した。連覇が懸かった久保山晴菜(今村病院)はけがの影響もあり、54秒82で敗退。「日本選手権に合わせられなかった。自己管理不足」と、けがを言い訳にはしなかった。

確実に決勝に上がることだけを見据え、後半に加速することを意識した。レース直前まで痛みはあったが「始まれば関係ない」と、スタートから攻めた。好位置につけたが「後半は練習できていない分が出た」と伸びきれなかった。

世界最高峰シリーズ「ダイヤモンドリーグ」などの大会が続き、疲労はたまっていた。そんな中、3週間前に左足アキレス腱(けん)を痛めた。社会人になって初めて走らない期間が続き、焦りは感じていた。

出場さえ危ぶまれたが「ぎりぎりまで走らず、バイクトレーニングなどで追い込んだ」。大会1週間前に復帰したが、間に合わなかった。「情けないだけ。力不足です」。連覇を逃した悔しさはあったはず。ただそれ以上に、調整をミスした自らを責める気持ちが強かった。(小部亮介)

陸上女子400メートル予選 最終盤で競り合う今村病院の久保山晴菜(左)=新潟市


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月15日来季の意気込みは?オフの過ごし方は? 佐賀バルーナーズの選手ら4人にインタビュー バスケットボール男子・B1

2024年7月15日<全障スポへの軌跡>(9)大会の新たな試み 選手の補助者にもメダル 一緒に競技、本番へ“伴走”

2024年7月15日<新体操・九州体操選手権>ライバル校、手を取り合い 佐賀県選抜「完全優勝」 佐賀北高校と佐賀女子高校

2024年7月15日渋谷琥玲亜(佐賀商)表彰台も笑顔なく 「自己ベスト狙っていた」男子100メートル自由形 全九州高校体育大会・競泳

2024年7月15日<新体操・全九州体操選手権>男女の佐賀県選抜、そろって優勝 男子は神埼清明高校、女子は佐賀北高校と佐賀女子高校で構成