新着情報

SAGAスポニュース

サッカーパリ五輪代表・平河悠の母校、佐賀東高校歓喜 出身地の鹿島市では横断幕も

今夏のパリ五輪に臨むサッカー男子日本代表が発表された3日、鹿島市出身の平河悠の母校、佐賀東高では、発表の瞬間をオンライン中継で見守った全校生徒555人が歓喜に包まれた。

生徒は教室などで午後2時からの会見を待った。体育の授業中だった3年生3クラスの約100人は、体育館の大型モニターで視聴。FW陣の最初に平河の名前が呼ばれると、拍手がわき起こった。

一緒に会見を見た同校サッカー部の蒲原晶昭監督は先週、平河から連絡があったといい、「正直、ここ(代表)まで来られるとは思っていなかった」と振り返った。「自分の目標に向かってひたむきに練習した選手。持ち味のサイド攻撃に期待したい」と教え子にエールを送った。

サッカー部の田中佑磨主将は「学校の先輩が大舞台に行くことは誇らしい。テレビで応援したい」と目を輝かせた。

出身地の鹿島市では、代表発表直後に市役所横の市民文化ホール「サクラス」に「五輪出場決定」の横断幕が張り出された。松尾勝利市長は「鹿島にとって明るいニュース。日本代表戦のパブリックビューイングを検討したい」と声を弾ませた。(鶴澤弘樹、市原康史)

パリ五輪メンバーに平河悠の名前が呼ばれ、拍手を送る佐賀東高の生徒たち=佐賀市の同校
平河悠選手の代表選出を祝う横断幕を掲出し、万歳して喜ぶ鹿島市職員=同市の市民文化ホール「サクラス」


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月15日来季の意気込みは?オフの過ごし方は? 佐賀バルーナーズの選手ら4人にインタビュー バスケットボール男子・B1

2024年7月15日<全障スポへの軌跡>(9)大会の新たな試み 選手の補助者にもメダル 一緒に競技、本番へ“伴走”

2024年7月15日<新体操・九州体操選手権>ライバル校、手を取り合い 佐賀県選抜「完全優勝」 佐賀北高校と佐賀女子高校

2024年7月15日渋谷琥玲亜(佐賀商)表彰台も笑顔なく 「自己ベスト狙っていた」男子100メートル自由形 全九州高校体育大会・競泳

2024年7月15日<新体操・全九州体操選手権>男女の佐賀県選抜、そろって優勝 男子は神埼清明高校、女子は佐賀北高校と佐賀女子高校で構成