新着情報

“考える”フェンシングでさらに上へ

SSPアスリート

“考える”フェンシングでさらに上へ

バスケで培ったフットワーク  フェンシングのピスト(競技場)は長さ14メートル、幅はわずか1.5~2メートル。反復横跳びのようなフットワークで、時に...

MORE

飽くなき向上心 飛躍誓う

SSPアスリート

飽くなき向上心 飛躍誓う

Jから海外、そしてA代表  「Jリーグで活躍し、さらには海外で活躍して、A代表を目指している」-。そう言い切るのはサガン鳥栖のDF中野伸哉だ。今春、...

MORE

まだまだ、記録は伸びる

SSPアスリート

まだまだ、記録は伸びる

重さにたわむ鋼鉄製のバー  200キロを超えるバーベルが鋼鉄製のバーをしならせるが、バーを肩にかけスクワットをしながら「佐賀に来てから、体の調子はい...

MORE

一本で勝つ柔道を

SSPアスリート

一本で勝つ柔道を

悔やまれるインターハイ  高校柔道の集大成となるはずだったインターハイ、「北信越総体2021」は思いがけない形で終わった。同年3月の全国選抜63キロ...

MORE

2028年、ロス五輪へ

SSPアスリート

2028年、ロス五輪へ

努力惜しまない“練習の虫”  「バシッ」。道場内に響く、ミットを蹴る乾いた音。岡本留佳選手は、柔軟な体を生かした変化に富む攻撃を得意としている。足技...

MORE

悲願の五輪へ

SSPアスリート

悲願の五輪へ

日本のテコンドーを牽引  日本のテコンドー界を牽引してきた濱田3きょうだいの長男。2021年12月、大阪府堺市であった全日本選手権、男子74キロ級で...

MORE

心通わせ、人馬一体の演技

SSPアスリート

心通わせ、人馬一体の演技

人と馬、お互いに助け合う関係 馬術は、人と馬が力を合わせ、心を通わせ取り組むスポーツ。オリンピックでは動物と共に行う唯一の競技で、男女の区別なく、同...

MORE

なぎなたの新たな境地目指し

SSPアスリート

なぎなたの新たな境地目指し

冷静な自己分析  一般的なスポーツと違い、なぎなたや剣道などの武道には独特の考え方がある。「残心」という概念だ。残心とは、技を決めた後も相手の攻撃に...

MORE

世界の舞台で頂点に

SSPアスリート

世界の舞台で頂点に

抜群のパンチ力  テンポの良い音楽が流れ、サンドバッグやパンチングミットを叩く重たい音が響く。軽快なフットワークを刻みながら、寺田都姫選手は適格で強...

MORE

新たな頂、目指す

SSPアスリート

新たな頂、目指す

コロナ禍で2国体が中止  東京オリンピックで、選手同士が壁の登り方を話し合いながら検討していた「オブザベーション」。競い合うライバルでありながら、共...

MORE