新着情報

SAGAスポニュース

<高校総体陸上北九州予選>佐賀県勢男女100V

全九州高校体育大会は18日、大分市の昭和電工ドーム大分で陸上競技の北九州地区予選が行われた。佐賀県勢は男子100メートルの田中翔大(佐賀工)が10秒53、女子100メートルの永石小雪(佐賀北)が大会新の11秒76でそれぞれ頂点に立った。

男子八種競技の小野颯大(龍谷)、女子400メートル障害の江口蘭琉(らんる、佐賀清和)はいずれも2位。男子5000メートル4位の間瀬田純平(鳥栖工)、同棒高跳び6位の川久保賢斗(龍谷)とともに全国総体出場を決めた。

19日は同会場などで北九州地区陸上や少林寺拳法、レスリングなどが行われる。(古川公弥)

◇第2日

=県勢の上位成績=

【男子】100メートル (1)田中翔大(佐賀工)10秒53(7)末次拓海(同)10秒74▽5000メートル (4)間瀬田純平(鳥栖工)14分9秒89▽400メートル障害 (7)大川内一真(致遠館)54秒21▽棒高跳び (6)川久保賢斗(龍谷)4メートル10▽八種競技 (2)小野颯大(龍谷)4986点

【女子】100メートル (1)永石小雪(佐賀北)11秒76=大会新(7)濵部莉帆(伊万里実)12秒23▽400メートル障害 (2)江口蘭琉(佐賀清和)1分1秒81▽七種競技 (5)前川小桃乃(佐賀清和)2171点

陸上男子100メートル決勝 10秒53で優勝した佐賀工の田中翔大=大分市の昭和電工ドーム大分(撮影・米倉義房)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年10月3日<さが桜マラソン>募集開始、初日から申し込み続々

2022年10月3日<とちぎ国体>佐賀県勢、レスリング3選手優勝 ボルダリング、空手道3位

2022年10月3日<とちぎ国体>小柴伊織、父の前で頂点 初対戦の強敵を連破 レスリング

2022年10月3日<とちぎ国体>小野正之助、痛みに耐え栄冠「まさか勝てるとは」 レスリング 

2022年10月3日<とちぎ国体>須田宝2位 雪辱ならず「自分を見つめ直す」 レスリング