新着情報

SAGAスポニュース

<インターハイ>小野(鳥栖工)無傷で圧倒

全国高校総合体育大会「北信越総体2021」は24日、福井県のおおい町総合運動公園体育館でレスリング男子個人の決勝までがあり、佐賀県勢は60キロ級の小野正之助(鳥栖工)が優勝した。55キロ級の尾西大河(同)は準優勝だった。

80キロ級の飯塚康太(同)、92キロ級の甫木元起(同)は準々決勝で敗れ、ベスト4進出を逃した。

北信越総体は全日程を終了した。(草野杏実)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年10月4日【速報】<とちぎ国体>クライミング成年女子ボルダリング 大河内・樋口組が3位

2022年10月4日<佐賀バルーナーズ>#5 山下泰弘選手 「佐賀新聞 全力応援DAY」まで、あと4日!

2022年10月4日<サガン鳥栖×「写眼」鳥栖>声出し応援、どう撮るか

2022年10月4日【速報】<とちぎ国体>クライミング成年男子リード 樋口・中上組が2位

2022年10月3日<さが桜マラソン>募集開始、初日から申し込み続々