新着情報

SAGAスポニュース

西武・辻監督(佐賀東高出身)、退任の意向

プロ野球西武の辻発彦監督(62)=佐賀東高出身=が契約最終年となる今季限りで退任する意向であることが6日、関係者への取材で分かった。

辻監督は就任1年目の2017年、前年4位だったチームを2位に躍進させ、18、19年と2年連続でパ・リーグ優勝を飾った。昨年は3位で、今季はここまで5位。後任は松井稼頭央2軍監督(45)が有力候補となっている。

辻監督は佐賀東高、日本通運を経て84年、ドラフト2位で西武に入団した。二塁手として黄金期のチームを支え、9度のリーグ優勝、6度の日本一に貢献。ゴールデングラブ賞に8度選ばれ、93年には首位打者のタイトルを獲得した。96年からはヤクルトでプレーし、99年に引退。ヤクルトや横浜(現DeNA)、中日でコーチを務めた。

佐賀県出身プロ野球県人会の会長なども歴任し、オフシーズンの野球教室で子どもたちを指導するなど、ふるさとでの競技振興にも熱心に取り組んだ。(古川公弥)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年10月3日<さが桜マラソン>募集開始、初日から申し込み続々

2022年10月3日<とちぎ国体>佐賀県勢、レスリング3選手優勝 ボルダリング、空手道3位

2022年10月3日<とちぎ国体>小柴伊織、父の前で頂点 初対戦の強敵を連破 レスリング

2022年10月3日<とちぎ国体>小野正之助、痛みに耐え栄冠「まさか勝てるとは」 レスリング 

2022年10月3日<とちぎ国体>須田宝2位 雪辱ならず「自分を見つめ直す」 レスリング