新着情報

SAGAスポニュース

佐賀県選抜が5位入賞 三重国体ソフトテニス代替大会

三重県で今秋開催予定だった国民体育大会の中止に伴う代替大会「三重とこわかソフトテニス大会」が23、24の両日、三重県の鈴鹿庭球場であった。佐賀県勢は少年男子に出場し、5位入賞を果たした。

大会には全国から24チームが出場。県勢は予選リーグで、全国高校総体や選抜大会で上位入賞の実績がある高校生単独の山形県と岡山県に対し、中高生混合で挑んだ。予選2試合とも最終戦までもつれたが、第2ダブルスの井田隼介(鹿島西部中)・諸岡雄心(唐津工高)組と廣瀬虎楠(塩田中)・港昂史朗(佐賀工高)組が踏ん張り、予選を突破した。

準々決勝では総体個人優勝ペアを擁する三重県に攻撃的なテニスを仕掛けたが、一歩及ばなかった。5位という結果に古賀一人強化部長は「学校の枠を超えて継続した強化の成果が出た。大きな意味がある」と手応えを語った。

持ち味の強打で貢献した井田は「練習で積み重ねてきたことが発揮できて自信になった」と話し、「相手との駆け引きを磨いて前衛を狙ったり、速い球を返されても回り込んでストレートで返したりできるように練習を重ねたい」と、3年後に佐賀県で開催される国民スポーツ大会を見据えた。(西浦福紗)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年1月17日<新型コロナ>ソフトバンク柳田ら6選手コロナ陽性 嬉野で自主トレ中

2022年1月17日サガン鳥栖、沖縄キャンプ非公開

2022年1月16日<全国都道府県対抗女子駅伝>5区平島(白石高)意地の8人抜き

2022年1月16日選手ひとこと 全国都道府県対抗女子駅伝

2022年1月16日県勢レース経過 佐賀踏ん張り31位 全国都道府県対抗女子駅伝