新着情報

SAGAスポニュース

「昨季上回る成績を」 サガン社長ら必勝祈願

サッカー・J1サガン鳥栖は8日、佐賀市の佐嘉神社で必勝祈願を行い、今季の飛躍を誓った。運営会社サガン・ドリームスの福岡淳二郎社長は「身が引き締まる思い。選手が多く入れ替わる中、若手とベテランが融合して昨季を上回る成績を期待したい」と語った。

例年は選手、スタッフ全員で参拝しているが、新型コロナウイルス感染症対策のため、福岡社長、永井隆幸強化部長、高橋義希SRO(サガン・リレーションズ・オフィサー)が訪れた。高橋SROは「選手のときと気持は同じで、鳥栖の勝利を願った」と話し、今季のチームの印象について「見てて面白く、勝つサッカーをしようとしている。期待して応援してほしい」と述べた。

1月17日から2月5日まで行われた沖縄キャンプ中には、守備の要であったDFエドゥアルドが横浜Mに電撃移籍した。永井部長は「急なことで驚きもあったが、大きなけが人も出ず、キャンプを終了できたことは良かった。補強も十分に考えている」と話した。

(井手一希)

必勝祈願に訪れた(左から)高橋義希SRO、福岡淳二郎社長、永井隆幸強化部長=佐賀市の佐嘉神社


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2023年2月2日<久光スプリングス>「より熱い試合を」今季最後の佐賀大会 久光選手が意気込み

2023年2月2日<久光スプリングス>2月4日から今季最後の佐賀大会、酒井新悟監督にデンソー戦の意気込み聞く 応援を力に

2023年2月2日【動画】<サガン鳥栖新戦力>#26 DF平瀬大 けがを乗り越えユースの星へ 

2023年2月2日GoGo!レットル PLAYERS FILE  RW5 中田航太 選手

2023年2月2日<学童五輪・ドッジボール>2部門12チーム熱い戦い 2月4日、吉野ヶ里町文化体育館