新着情報

SAGAスポニュース

全国高校柔道選手権日本一 「全員が一つに」佐賀商女子、知事に報告

東京都で20、21日に開かれた全国高校柔道選手権大会の女子団体で初優勝した佐賀商の監督、選手らが30日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事に結果を報告した。近藤美月主将は「体はボロボロだったが、全員が勝ちたいという気持ちで一つになれたから優勝できた」と振り返った。

報告会では井上安弘監督が、選手たちがけがの不安を抱えながら大会に臨んだことに触れ、「日本一をあきらめずに最後まで戦ってくれた選手たちに喜びと誇りを持っている」とたたえ、「部員だけでなく、いろいろな人の支えがあっての優勝」と感謝した。

歓談では、控えとして試合を見守った永松莉菜選手が「試合ごとに気持ちが強くなっていくのを感じ、見ていてワクワクした」と語り、山口知事は「佐賀県柔道界に大きな光をもたらしてくれた。この金字塔は永遠に消えない。語り継いでいく」と、ねぎらいの言葉を掛けた。(西浦福紗)

山口祥義知事(中央)と日本一に輝いた佐賀商女子柔道部の監督、選手たち=佐賀県庁


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日