新着情報

SAGAスポニュース

テコンドー濱田が引退 五輪出場3回、「いい競技生活だった」

東京五輪テコンドー女子57キロ級日本代表の濱田真由(28)=佐賀市=が3月31日、現役引退を発表した。濱田は「たくさんの人の力を借りていい経験ができた。いい競技生活だった」と振り返った。

濱田は2012年に18歳でロンドン五輪に出場し、5位に入賞。15年には日本人で初めて世界選手権を制し、16年のリオデジャネイロ五輪にも参戦した。昨夏の東京五輪は初戦の2回戦で敗退し、メダルには届かなかった。

濱田は26日に開いた会見で、「思うようなパフォーマンスや動きができなくなった」と引退の理由を説明。「佐賀県民の方に応援してもらえて、すごく助けられた」と感謝の言葉を述べた。

今後については「これから探していきたい」としている。(草野杏実)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日