新着情報

SAGAスポニュース

<サッカー・天皇杯佐賀県予選>BrewKASHIMAが3年ぶり頂点 川副クラブを2―0で下す

天皇杯全日本サッカー選手権大会の佐賀県予選を兼ねた第27回県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、佐賀新聞社・共同通信社共催)は8日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで決勝があり、BrewKASHIMAが川副クラブを2―0で下し、3年ぶり10度目の頂点に立った。

BrewKASHIMAは前半3分、DF右田楓の右サイドからクロスにFW川内真一が頭で合わせて先制。後半23分にはMF荒巻慶のクロスが相手のオウンゴールを誘った。守ってはGK宮﨑健成を中心に無失点に切り抜けた。川副クラブは前半に退場者を出し、粘り強く守ったがゴールが遠かった。

大会の最優秀選手には川内真一(BrewKASHIMA)、敢闘賞には月成幸輝(川副クラブ)が選ばれた。

第102回天皇杯全日本サッカー選手権大会は21日に開幕。BrewKASHIMAは第2日の22日午後1時から、駅前不動産スタジアムで高知県代表の高知ユナイテッドSCと対戦する。(小部亮介)

決勝・BrewKASHIMA―川副クラブ 前半3分、BrewKASHIMAのFW川内真一(左)がシュートを決め、1―0と先制する=鳥栖市の駅前不動産スタジアム


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日