新着情報

SAGAスポニュース

<四国総体>レスリング男子、甫木(鳥栖工)が頂点 須田宝(同)は準優勝

高知県などで開かれている全国高校総合体育大会「四国総体2022」で4日、レスリング男子個人92キロ級の甫木元起(鳥栖工)が優勝した。今大会の佐賀県勢の優勝は団体、個人を通じ初めて。60キロ級の須田宝(同)は準優勝だった。

甫木は3日の2回戦から登場。決勝を含む4試合(準々決勝は不戦勝)全てでテクニカルフォール勝ちを収め、決勝は開始2分23秒で試合を決めた。須田は準々決勝でテクニカルフォール勝ちし、準決勝は判定勝ちしたが、決勝は判定負けを喫した。(小部亮介)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月24日<サガン鳥栖>13年目のJ1開幕戦逆転負け

2024年2月24日<サガン鳥栖>後半失速、気おされ守勢に 富樫敬真「もっと戦わないと」

2024年2月24日<サガン鳥栖>開始5分先制も主導権失う

2024年2月24日<サガン鳥栖>3年目の川井健太監督「我々のテンポでできなかった」

2024年2月24日<クライミング>地元沸かせた気迫の背中 樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)準優勝 リード男子