新着情報

SAGAスポニュース

<体操・全日本ジュニア選手権>曽根崎しずく(鳥栖高3年)個人総合で優勝

体操の全日本ジュニア選手権大会が12~17日、神奈川県の横浜武道館で開かれ、佐賀県勢は女子1部に出場した鳥栖高3年の曽根崎しずくが個人総合で54・566点を記録して頂点に立った。曽根崎は種目別跳馬も14・366点で優勝した。

4種目で争った個人総合で、曽根崎は跳馬で頂点に立ったほか、平均台は13・800点の2位。段違い平行棒は13・300点、ゆかは13・100点でいずれも6位に入賞した。曽根崎は高知県などで開かれている全国大会「四国総体2022」でも体操女子個人総合で7位、種目別跳馬で3位に入っていた。(小部亮介


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日