新着情報

SAGAスポニュース

<飛び込み・ジュニアオリンピック>神田新(佐賀ダイビングクラブ)頂点

第45回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技の飛び込みが22~25日、大阪府の丸善インテック大阪プールで開かれた。佐賀県勢は佐賀ダイビングクラブの選手6人が出場。男子高飛び込み(14~15歳)で、全国高校総体同種目5位の神田新が406・85点で頂点に立った。神田は3メートル板飛び込みでも391・45点の5位に入った。

神田のほか、男子1メートル板飛び込み(12~13歳)で北村応吏が2位、女子同(12~13歳)で中嶌梛釉(なゆ)が4位。男子3メートル板飛び込み(16~18歳)では村岡尚哉が7位に入賞した。

世界選手権2位で全国高校総体の男子高飛び込みで優勝した玉井陸斗(JSS宝塚スイミングスクール)は、16~18歳の高飛び込みで631・60点で優勝した。(小部亮介)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月19日<15の夏輝く 中学総体応援メッセージ>大浦中(太良町)ソフトテニス部

2024年7月19日<15の夏輝く 中学総体応援メッセージ>牛津・芦刈中女子バレーボール部

2024年7月19日<15の夏輝く 中学総体応援メッセージ>西有田中男子ソフトテニス部

2024年7月19日さが桜マラソン、2025年3月23日開催 フル8500人、ファンラン1500人を募集

2024年7月19日<北部九州総体出場選手紹介>競泳、飛び込み 男子リレー、佐賀商が奮闘 女子・吉田(佐賀北)に注目 飛び込み・神田、競り合い制し頂点なるか