新着情報

SAGAスポニュース

<栃木国体>渋谷琥玲亜(佐賀商高)連日の5位入賞 競泳

【栃木県で本社取材班】第77回国民体育大会「いちご一会(いちえ)とちぎ国体」は18日、宇都宮市などで行われ、佐賀県勢は競泳と新体操に出場した。

競泳は少年男子B50メートル自由形に出場した佐賀商高の渋谷琥玲亜(くれあ)が決勝で23秒91の5位に入り、17日の100メートルに続く入賞となった。新体操女子は佐賀女子高の選手が個人4種目に出場し、20・1125点で14位につけ、19日の団体に臨む。

競泳の成年男子100メートル背泳ぎは五輪4大会連続出場の入江陵介(東京・イトマン東進)が53秒00で優勝した。成年女子100メートル自由形は池本凪沙(大阪・中大)が54秒72で勝ち、池江璃花子(東京・日大)は2位だった。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月23日佐賀県で開催の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会、開閉会式の一般観覧者募集始まる

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>ハンドボール 男女とも佐賀清和と神埼清明軸か

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>アーチェリー 女子団体は高志館と唐津東が軸

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>水泳 市丸愛翔(龍谷)、個人メドレーで好記録狙う

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>登山 男子は鳥栖工と唐津東有力