新着情報

SAGAスポニュース

とちぎ国体開幕 佐賀県選手団、堂々の行進 総合開会式、躍進誓う

第77回国民体育大会「いちご一会(いちえ)とちぎ国体2022」の総合開会式が1日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで行われた。国体は2019年の茨城国体以来、3年ぶりの開催。11日の総合閉会式までの11日間、宇都宮市などで熱戦が繰り広げられる。

新型コロナウイルスの影響で、20年の鹿児島国体は延期、21年の三重国体は中止となったため、今大会は3年ぶりの実施。開会式には各都道府県の選手団が参加し、天皇、皇后両陛下が出席された。

佐賀県選手団は、スポーツクライミング少年男子の通谷(かよたに)律選手(多久高)が旗手を務め、テニスとスポーツクライミングの選手ら32人が行進した。

会期前には水泳や体操などが実施されており、大会には選手、役員ら約2万3千人が参加。県勢は会期前に実施された水泳などを除く34競技に約360人の選手が出場する。(小部亮介)

第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」の総合開会式で入場行進する佐賀県選手団=カンセキスタジアムとちぎ


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<新体操・九州体操選手権>佐賀北と佐賀女子手を取り合い 県選抜「完全優勝」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>登山・松本愛羽(唐津東) 体力と知力駆使、頂点に挑む 昨年の雪辱へ「基礎を固め臨む」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>ローイング北村真子(敬徳) 練習の虫、爆発的パワー 競技始め1年半、大舞台へ挑む

2024年7月14日【速報】<サガン鳥栖>G大阪に苦杯 試合終了 鳥栖0―2G大阪

2024年7月14日<サガン鳥栖U―18>東福岡高に敗れる