新着情報

SAGAスポニュース

<全国中学駅伝18日号砲>男子啓成 2枚看板、序盤で流れを

県中学駅伝でおととしは3位、去年は準優勝と着実に階段を上り、今年ついに悲願の全国行きを決めた。総合力の高さとチームワークを武器に61分台で20位台を目指す。

チームの中心は3年の吉木涼真と2年の黒川裕斗の2枚看板。吉木は1年生のころから主力としてチームを引っ張り、黒川はその背中を追いかけて成長してきた。頼もしい主将と2年生エースが1、2区で流れをつくる。

3区が見込まれる熊川晴彦は競り合いに勝てる粘り強さが身上。上位に食らいついていきたい。最終6区が予想される相良流我は九州中学総体の800メートルに出場したスピードが持ち味。9人の登録選手のうち、8人が3000メートルの持ちタイムが9分台と選手層が厚く、残りの区間は状態を見極めながらの起用となりそうだ。

初の全国大会だが「受け身になるレースはしたくない」と力武和則監督。「持っている力を出せば、目標を達成できる」と自信をのぞかせた。

悲願の全国大会で飛躍を誓う啓成=伊万里市の国見台運動公園陸上競技場


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月21日全日本学童軟式野球佐賀県大会 25、26日に2、3回戦 開始時刻と会場決まる

2024年5月21日<レットル佐賀>13年ぶりPO、優勝目指す 24日に3位・ジークスター東京と対戦 「走るハンド」で挑む

2024年5月21日<佐賀バルーナーズ>ガルシアが自由交渉 海外リーグに短期挑戦「またすぐに会いましょう」 フィーラーは更新

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>サッカー 佐賀東4連覇に挑む 佐賀商、龍谷など追う

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>体操 男子は鳥栖工の小川蓮斗と小笠原春が中心