新着情報

SAGAスポニュース

<全国中学駅伝18日号砲>女子・東原庠舎中央校1、2年生で10位台狙う

1、2年生のみで大舞台への切符をつかみ取った。全国では10位台を目標に掲げている。

県大会でアンカーを務めた光岡琴奈をどの区間に配置するかがレースの鍵を握る。スピードと持久力があり、全国中学総体も経験。3キロ区間でも2キロ区間でも対応できる経験豊富なエースがチームを引っ張る。

土橋彩乃は粘り強い走りが持ち味で大崩れすることがなく、1区や最終5区(3キロ)での起用が予想される。1年生の古賀友萌と緒方みのりは九州中学総体の800メートルで結果を残したスピードランナー。徳永結芽は大一番で力を発揮できる勝負強い主将だ。

夏まではトラックでスピードを磨いてきたが、クロスカントリーで行われる全国大会に備え、多久市中公園内に練習コースを設けて準備をしてきた。小川朋子監督は「ベストの状態で臨めば目標は達成できる。若いチームなので、来年以降につながるレースをしてほしい」と期待を込めた。

1,2年生で全国10位台を目指す東原庠舎中央校=多久市の多久市陸上競技場


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日